お役立ち記事

岩手県のツーリングスポット20選!定番名所からおすすめ絶景・グルメスポット一挙公開!

2021.3.24
good_speed

岩手県はおすすめのツーリングスポットが満載!もちろん定番のスポットは確実に抑えておきたいところですが、美しい景色が見られる絶景スポットや岩手ならではのグルメも堪能したいですよね?

そこで今回は、「これを見れば岩手ツーリング計画もバッチリ!」なおすすめ情報をポイントごとに紹介します!

この記事でわかること

1. 岩手県のツーリングで定番の名所5選

八幡平アスピーテライン

おすすめポイント

ワインディングロードの超定番スポットといえば、開放的な景色が広がる山岳ロード【八幡平アスピーテライン】は外せません。岩手側からだと雄大な岩手山を眺めながら進んでいくため、攻める走りを楽しむだけでなく景色も満喫できます。

ちなみに八幡平アスピーテラインは日本の明道50選にも選ばれているため、ライダーの間では全国的にも超有名なスポットです。

八幡平アスピーテラインの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県八幡平市松尾寄木
電話:0195-78-3500

三陸海岸

おすすめポイント

見事なリアス式海岸が見ることが出来る場所といえば、国内でも必ず上位にあげられるのが三陸海岸です。とにかくその長さは約300㎞にも及ぶため、ポイントごとに様々な景色が楽しめるのも魅力の一つです。

ツーリングコースとしてはいくつかありますがいずれも片道約100㎞はあるため、全部制覇するならある程度時間に余裕を持って挑むのがおすすめです。

もちろんこの周辺にはオートキャンプ場や豊富な海の幸が楽しめるおすすめのグルメスポットも集中しているため、のんびりと時間をかけて楽しむというのもおすすめですよ!

三陸海岸の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県下閉伊郡田野畑村北山

八戸川内大規模林道

 

この投稿をInstagramで見る

 

Makoto Uchino(@um99_jade)がシェアした投稿

おすすめポイント

大規模林道というだけあって、人里から離れた山奥を通るロングロードです。交通量は少ないため、岩手県内では有名なツーリングスポットになっています。

何しろ美しい景色の中を思いっきり走ることが出来るため、ストレスなく走りを楽しむことが出来ます。林道となっていますが、道路自体はきちんと舗装されていますからオフロード車でなくても全く問題ありませんよ!

八戸川内大規模林道の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町大川下外山

平庭高原

おすすめポイント

日本一といわれる白樺林の中を走り抜ける爽快感は、この場所ならではの楽しみ方です。周辺には多くのワイン工場やグルメスポットもあるので、ドライブスポットとしても人気があります。「岩手県の魅力を一か所で全部楽しんでみたい」という欲張りなライダーにおすすめです。

平庭高原の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県久慈市
電話:0194-72-2700

田代平高原

おすすめポイント

のどかな牧草地の中を走るおすすめのスポットです。直線だけでなくかなり攻めたカーブも所々にあるので、走る目的で岩手を回りたいのであればぜひ足を運んでほしいスポットです。

ちなみにこの通りの周辺にはいくつかの林道もあるので、オフロードを楽しみたい人はそちらも廻ってみるのもおすすめですよ!

田代平高原の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県八幡平市古屋敷
電話:0195-78-3500

2. 岩手ツーリングで絶対立ち寄りたいおすすめ絶景スポット5選

浄土ヶ浜

おすすめポイント

日本の快水浴場百選にも選ばれた美しい海岸です。その昔この場所を訪れた偉いお坊さんが「極楽浄土のごとし」と称賛したほどです。

浄土ヶ浜の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県宮古市日立浜町32
電話:0193-62-2111

歴史公園えさし藤原の郷

おすすめポイント

NHK大河ドラマ『炎立つ』のオープンセットとして使われた後、公園として整備された大型施設です。平安時代にタイムスリップした気分になれますよ。

歴史公園えさし藤原の郷の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県奥州市江刺区岩谷堂字小名丸86-1
電話:0197-35-7791

厳美渓(げんびけい)

おすすめポイント

エメラルドグリーンの美しい渓流は、岩手県の名勝でもあり国の天然記念物にも指定されています。

厳美渓の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県一関市厳美町字滝の上地内
電話:0191-263-2350

猊鼻渓(げいびけい)

おすすめポイント

厳美渓と併せておすすめなのが、猊鼻渓です。美しい景色を見ながらの渓流下りが有名ですが、冬はこたつ船が運行することでも有名です。

猊鼻渓の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県一関市東山町長坂字町467
電話:0191-47-2341

毛越寺

おすすめポイント

平安時代に映画を極めた藤原一族が造園したといわれる庭園があります。建物は火災で焼失したため再建されたものですが、浄土庭園は当時のままの姿を残しています。

毛越寺の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉大沢58
電話:0191-46-2331

3. 岩手県へツーリングに来たら食べてほしいグルメスポット5選

とんかつ熊さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

Delish(@pleasure_delish)がシェアした投稿

おすすめポイント

盛岡市内のタクシードライバー御用達の店でもある「とんかつ熊さん」は、とにかくボリューム満点なのが魅力!走った後の空腹をうまい料理で満たしたいのなら、地元では超有名な「カツカレー」を頼むのがおすすめ!

とんかつ屋というだけあって、肉厚でサクサクのとんかつがドカンとトッピングされたカレーは絶品!ちなみに一番人気の「とんかつ定食」も外せないメニューなので、ツーリング仲間とシェアして食べるのもおすすめですよ。

とんかつ熊さんの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県盛岡市本宮5丁目1−11
電話:019-659-3313

ミッシェル花巻店

 

この投稿をInstagramで見る

 

misako(@misako_kt)がシェアした投稿

おすすめポイント

岩手のB級グルメといえば、花巻バーガーをわすれてはいけません。こんにゃくとおからを使ったヘルシーでボリューム満点の花巻バーガーは、道の駅や街のスーパーでも売られていますがせっかくならミッシェルの「花巻本店」に足を運んでみて!見た目も満足、お腹も満足の逸品ですよ!

ミッシェル花巻店の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県花巻市藤沢町357-1
電話:0198-23-0440

やぶ屋総本店

 

この投稿をInstagramで見る

 

arurun69(@arurun69)がシェアした投稿

おすすめポイント

岩手の郷土料理であるわんこそばも、やっぱり一度は食べておきたいところですよね?それなら岩手県内でもわんこそばが有名な「藪屋総本店」がおすすめです。

花巻市内では最も有名なわんこそば店ということもあり、なんとその創業は大正12年!岩手県出身の文豪・宮沢賢治も足しげく通った名店の味をぜひどうぞ。

やぶ屋総本店の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県花巻市吹張町7-17
電話:0198-24-1011

ミートレストラン格之進

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuya tayama(@planetology926)がシェアした投稿

おすすめポイント

肉好きライダーにぜひおすすめしたいのが、いちのせきハラミ焼きです。岩手県が誇るB級グルメの1つで、鶏のハラミを地元産の野菜と味噌だれで焼き上げるのが特徴です。そのままでもうまいですが、ゴハンと一緒に食べるとさらにうまい!

一関市内でしか食べることが出来ないグルメですから、ゆっくりと堪能したいという人におすすめなのが「ミートレストラン格之進」です。店構えも内装もシックな和風になっているので、B級グルメの店というよりは「うまい肉を食べられる名店」といった感じでおすすめですよ。

ミートレストラン格之進の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県一関市山目大槻67−1
電話:0191-48-5329

久慈駅駅弁(三陸リアス亭のうに弁当)

おすすめポイント

岩手に来たからには、海鮮ものも食べたいですよね?それなら久慈市の名物「ウニ弁当」を食べてみて!中でも久慈駅で販売されている「ウニ弁当」は、午前中に行かないと売り切れてしまうほどの人気。「幻の弁当」といわれていますよ!

三陸リアス亭の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県久慈市中央3-38三陸鉄道久慈駅舎内
電話:0194-52-7310

4. 岩手ツーリングで疲れた体を癒す温泉スポット4選

道の駅 雫石あねっこ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Syota(@syota_jz)がシェアした投稿

おすすめポイント

道の駅にある日帰り温泉です。道の駅では土産物屋レストラン、蕎麦打ち体験なども出来ます。

道の駅 雫石あねっこの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県岩手郡雫石町橋場坂本118番地10
電話:19-692-5577

奥州平泉温泉 そば庵 しづか亭

おすすめポイント

日帰り温泉に休憩室での食事付きのプランがあります。食事をしながら温泉でちょっと休憩したい時にどうぞ!

奥州平泉温泉 そば庵 しづか亭の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉字長倉10-5
電話:0191-34-2211

玉乃湯

おすすめポイント

標高350mの場所にある日帰り温泉です。山の奥にあるので、敷地内には絶景スポットもたくさんあります。

玉乃湯の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県陸前高田市竹駒町上壺104-8
電話:0192-55-6866

岩手山焼走り国際交流村

おすすめポイント

敷地内にキャンプ場があります。岩手山を眺めながらのんびりと入ることが出来る日帰り温泉です。

岩手山焼走り国際交流村の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県八幡平市平笠24-728
電話:0195-76-2013

松田屋旅館

 

この投稿をInstagramで見る

 

岩手花巻 台温泉 松田屋旅館(@matsudayaryokan)がシェアした投稿

おすすめポイント

ちょっとリッチに貸切風呂を楽しみたい時におすすめです。宿もありますが、日帰り温泉もあります。

松田屋旅館の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:岩手県花巻市台第2地割20
電話:0198-27-2356

5. 岩手ツーリングプランの立て方と注意点

5-1. ツーリング日数

本州一広い岩手県ですから、すべてをくまなく回ろうとすると4泊5日は欲しいところです。ただしエリアを限定して回るのであれば、2泊3日でも十分に楽しめます。

5-2. ツーリングに必要な費用

宿泊費とツーリング日数次第です。かなり広いですから短期間ですべてを回ろうとすれば、どうしても高速道路の利用が欠かせません。でも走りを楽しみたいのであれば、一般道を思いっきり走るという方が楽しいはずです。

宿泊施設も様々ありますが、自然に囲まれた岩手県にはキャンプ場もたくさんあります。ですから予算を抑えるのであればキャンプ道具をもっていけばかなり費用は抑えられます。

この方法であれば、ガソリン代&食事代+土産代程度で済みますので3~5万円でも十分です。

5-3. 宿泊施設が豊富なエリア

・盛岡市

・花巻市

・平泉町

・一関市

5-4. 岩手ツーリングの注意点

岩手県内は、主要な都市だと交通量が多いです。観光地になると大型バスやレンタカーなども多いため、走りを楽しみたい場合はルート選択に注意することがポイントです。

6. 岩手県のツーリングに必須の装備品

一般的な装備品とは別に、岩手県だからこそ持っていきたい装備品を紹介します。

・サングラス

・防寒具(夏でもアンダーウェアは必要です)

・パンク修理セット(人里から離れた場所も結構あります)

7. 岩手ツーリングにおすすめのコースプラン

ツーリングコースプラン①文豪・宮沢賢治を訊ねる旅(花巻発/花巻着)

宮沢賢治記念館
宮沢賢治童話村
やぶ屋本店(わんこそば体験)
花巻市内観光

ツーリングコースプラン②三陸海岸と温泉を回る旅(盛岡発/乳頭温泉着)

盛岡市内観光
三陸海岸
浄土浜
久慈駅(名物「ウニ弁当」で昼食)
小袖海岸
乳頭温泉郷

ツーリングコースプラン③藤原家ゆかりの地と絶景を回る旅(平泉発/花巻着)

平泉中尊寺
猊鼻渓
厳美渓
毛越寺
釜石大観音

8. 岩手県のツーリングで知っておきたい㊙︎ライダー情報

厳美渓は景色を眺めるだけでなく、空飛ぶ団子も体験するのが通の楽しみ方!渓谷の対岸には「空飛ぶ団子」で有名な団子屋があり、ロープでつながっています。

ロープに吊り下げられたカゴにお金を入れて合図の板をたたくと、カゴが店の中に吸い込まれていきます。しばらくすると、一人前3本入りの団子とお茶が加護の中に入れられて戻ってきます。

味も美味いですが、このやり取りがなんとも面白い!絶景を見るだけでなく、昔ながらの美味い団子もぜひどうぞ!

9. ツーリングお役立ち情報まとめ【岩手県編】

岩手県は走りを楽しむことが出来るライダースポットだけでなく、絶景ポイントやおすすめのグルメスポットなどがたくさんある魅力ある場所です。

のんびりと楽しむのもいいですし、走りを楽しむためだけに足を運んでみるのも良し!ぜひ岩手県の魅力を満喫できるツーリング計画を立ててみてくださいね!

関連記事

ライダーゆくよどこまでも