お役立ち記事

ツーリング【熊本県編】定番の名所・絶景・グルメ・おすすめコース一挙紹介!

2018.8.25
センパイ

熊本県は、ツーリングのおすすめコースが満載のエリアです。もちろん定番の名所も抑えておきたいところですが、熊本ならではの絶景やグルメスポットなどもぜひチェックしておきたいものです。

そこで今回は熊本ツーリングのおすすめスポットを、ポイント別に紹介していきます!

1. 熊本県のツーリングで定番の名所3選

国道266号線

おすすめポイント

海岸線を通り天草五橋へと向かう定番のツーリングスポットです。小さな島が海の上に点々と散らばっているので、海の景色を楽しむのに最高のスポットです。

国道266号線の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県天草市~熊本市中央区

ミルクロード(熊本県道339号)

おすすめポイント

阿蘇山の大カルデラを見渡すことが出来る大観峰を目指すコースです。通称「ミルクロード」といわれている、県内屈指のツーリングロードです。出発地から進んでいくほど景色に変化が出て来るのもこのコースの魅力です。

冬はかなり冷え込みますのでお勧めできませんが、春~秋にかけては景色も走りも楽しむことが出来るおすすめのコースですよ。

ミルクロード(熊本県道339号)の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:中津市~阿蘇町
電話:0153-73-4787

国道57号線

おすすめポイント

熊本の景勝地の一つである草千里ヶ浜や烏帽子岳などを走る抜けるコースです。阿蘇の雄大な景色をのびのびと楽しむことが出来るのが最大の魅力です。特に新緑と紅葉がとてもきれいなので、春・秋のツーリングの定番コースになっています。

国道57号線の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:大分市~長崎市(大津駅・阿蘇大橋経由)

2. 熊本ツーリングで絶対立ち寄りたいおすすめ絶景スポット6選

鍋ケ滝

おすすめポイント

「裏見の滝」として有名な鍋ケ滝は、滝の裏側のスペースが広いので壮大な水のカーテンを見ることが出来る絶景スポットです。ライトアップされると、より幻想的な雰囲気になります。

鍋ヶ滝の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県阿蘇郡小国町黒渕
電話:0967-46-2113

大観峰

おすすめポイント

条件さえ合えば、見事な雲海を見ることが出来ます。そのため大観峰に続く道は「ラピュタの道」とも呼ばれています。

大観峰の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県阿蘇市山田
電話:0967-34-1600

押戸石の丘

おすすめポイント

360度の大パノラマで緑豊かな自然を満喫することが出来ます。あたり一面に広がる草原には四季折々の花々も咲き、シーズンごとに違った景色が楽しめます。

丘にある祭壇石の北側には福岡県の宗像大社、南側には高千穂神社があり、それぞれを結ぶ直線を「水の道」「火の道」と呼びます。そのためパワースポットとしても有名です。

押戸石の丘の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県南小国町中原
電話:0967-42-1444

上色見熊野座神社

おすすめポイント

絶景スポットでもありパワースポットでもある上色見熊野座神社は、かつてアニメの舞台にもなったことでも有名な神社です。社殿に続く階段の両脇には、全部で100基以上といわれる灯篭がズラリと並んでいます。

上色見熊野座神社の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県高森町上色見2619
電話:0967-62-1111

御輿来海岸

おすすめポイント

宇土半島にある御輿来海岸は、その昔遠征のために九州入りした天皇があまりに美しい景色だったために御輿を止めさせしばし見入ったということが名前の由来にあるといいます。

それほどまでの絶景を写真に納めたいのであれば、「干潟景勝の地」に足を運んでみるのがおすすめ!全国各地の写真愛好家たちも、わざわざこの場所に来てからカメラを構えるほどですから期待通りの絶景を写真に撮ることが出来ますよ。

御輿来海岸の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県宇土市戸口町
電話:0964-22-1111

草千里ヶ浜

おすすめポイント

阿蘇山を望むことが出来る草千里には、広大な草原の中に直系約1キロメートルの美しい池があります。池の周囲には牛や馬が放牧されていて、どの場所から見ても絵になるのが魅力の絶景スポットです。

草千里ヶ浜の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県阿蘇市草千里ヶ浜
電話:0967-34-1600

3. 熊本県へツーリングに来たら食べてほしいグルメスポット5選

亭ノ元

 

この投稿をInstagramで見る

 

ᴷᵁᴿᴼ(@kuro18171)がシェアした投稿

おすすめポイント

郷土料理である「だご汁」を食べるのなら、県内でも1番人気と言われる「亭之元」がおすすめです。ただし売り切れ次第終了になるので、閉店時間間際の場合は注意してください。

亭ノ元の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県 熊本市北区 貢町 1133
電話:096-245-5819

山田さんちの牧場 ミルクの里(通称:山田牧場)

 

この投稿をInstagramで見る

 

くまモミンゴ(@kumamomingo)がシェアした投稿

おすすめポイント

熊本出身タレントのスザンヌさんも常連なのが、南阿蘇に向かう俵山トンネル手前にある「山田さんちの牧場」のソフトクリームです。ソフトクリームの為だけに阿蘇を訪れる人もいるというほど人気で、濃厚なミルクの味がたまらないですよ。

山田さんちの牧場 ミルクの里の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県阿蘇郡西原村小森1801-3
電話:096-279-2720

火の国文龍総本店

 

この投稿をInstagramで見る

 

@ramen1967がシェアした投稿

おすすめポイント

熊本ラーメンといえば濃厚なスープと焦がしニンニクが特徴ですが、中でも最強のこってりを自称しているのが「火の国文龍」です。「絶対にハズレのない熊本ラーメンが食べたい!」ならぜひどうぞ!

火の国文龍(ぶんりゅう)総本店の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県熊本市東区戸島4-2-47
電話:096-388-7055

山賊旅路

おすすめポイント

高菜漬けが名物の熊本県ですから、名物の高菜めしもぜひ食べてほしい!阿蘇山見物の帰りに立ち寄れる山賊旅路は、高菜めしだけでなく野菜たっぷりのだご汁も人気です。

山賊旅路の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県阿蘇市黒川2127
電話:0967-34-2011

肥後馳走屋 いねや熊本店

 

この投稿をInstagramで見る

 

more もれ(@more_more3)がシェアした投稿

おすすめポイント

熊本の郷土料理「馬肉料理」をランチでも食べられるお店なのが、「肥後馳走屋 いねや熊本店」です。馬刺しだけでなく辛子レンコンも定番メニューにありますよ。

肥後馳走屋 いねや熊本店の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県熊本市中央区新市街6−16 リッチモンドホテル熊本新市街 1F
電話:050-5486-3277

4. 熊本ツーリングで疲れた体を癒す温泉スポット6選

大谷の湯

 

この投稿をInstagramで見る

 

H.M(@kpcpx690)がシェアした投稿

おすすめポイント

茶褐色の温泉が楽しめます。温泉施設にはレストランも併設されているので、食事をしながら温泉でひと休みしたい時におすすめです。

大谷の湯の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県菊池郡菊陽町原水字大谷3880-14
電話:096-233-9477

旅館 ややの湯

おすすめポイント

完全個室のプライベート露天風呂です。熊本市内にあるので、地元ではちょっとオシャレなデートコースにもなっています。ちなみに「美人の湯」としても有名です。

旅館 ややの湯の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県熊本市北区植木町米塚366
電話:096-274-6383

黒川温泉 旅館 山河

 

この投稿をInstagramで見る

 

stockli1982(@stockli0928)がシェアした投稿

おすすめポイント

露天風呂から趣のある庭園が楽しめる静かな隠れ湯です。露天風呂の周囲を森の緑で囲んでいるため、お湯のリラックス効果だけでなく森林浴も楽しめます。貸切風呂もあります。

黒川温泉 旅館 山河の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6961-1
電話:0967-44-0906

わいた温泉郷 はげの湯 旅館 山翠(さんすい)

 

この投稿をInstagramで見る

 

温泉タオル集めよっかな〜(@iiyudanaaa)がシェアした投稿

おすすめポイント

混浴露天風呂を含む全18種類の風呂が揃っているので、この1か所だけで湯めぐりが出来てしまいます。貸切風呂は洞窟風呂になっているので、秘湯気分も味わえます。

わいた温泉郷 はげの湯 旅館 山翠(さんすい)の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県阿蘇郡小国町西里3044
電話:097-46-4547

山の宿 新明館

 

この投稿をInstagramで見る

 

岡 万友(@okamatomo_)がシェアした投稿

おすすめポイント

黒川温泉の中で最も歴史のある温泉です。2009年にはミシュランガイド2つ星を獲得したこともある名湯です。

山の宿 新明館の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉
電話:0967-44-0916

草枕温泉てんすい

おすすめポイント

文豪・夏目漱石の小説「草枕」の舞台になったのが、草枕温泉です。温泉からの眺望も素晴らしいですが、併設されている展望デッキからの眺めもおすすめです。

草枕温泉てんすいの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:熊本県玉名市天水町小天511-1
電話:0968-82-4500

5. 熊本ツーリングプランの立て方と注意点

ツーリング日数

どのようなルートで熊本入りするのかによっても、日数の計算は変わってきます。熊本近隣からであれば日帰りツーリングも十分に可能です。余裕をもって1泊2日にすると、かなりいろいろな場所を回ることが出来ます。

九州エリア以外から熊本入りするとなれば、①自走する ②フェリーを利用する となります。ただしフェリーはシーズンによってはかなりチケットを取るのが厳しいです。でもうまく取れれば料金も往復5000円以内ですから、かなりお得です。

時間が気になる場合は福岡まで飛行機で移動し、福岡でバイクをレンタルしてから熊本へ移動するという方法もおすすめです。福岡~熊本の移動は必要ですが、これならかなり時間短縮することが出来ます。(※熊本の直行便は便数が少ないので、飛行機の場合は福岡経由がおすすめです)

自走して熊本入りすることを前提にするのであれば、6泊7日(熊本までの移動2日を含む)がゆったりと回れるのでおすすめですよ。

ツーリングに必要な費用

九州エリアの中でもアクセスが不便な熊本県は、1日300㎞を目安に移動するのがベストです。山間部も多いですが熊本市内などは交通量も多いので、かなりスピードダウンします。そのことを含めておすすめしたいのがキャンプ泊です。

宿泊施設を使わずにキャンプ泊で済ませるのであれば、4~5万円あれば十分に楽しめます。宿泊施設も温泉街だと都心部のホテルよりも値段が高いですので、雰囲気は味わえますが費用はかなり高くなります。1泊2食付きが基本になりますので、10万円前後は見ておいた方が良いでしょう。ちなみに日帰りツーリングであれば1万円以内で十分満喫できますよ!

宿泊施設が豊富なエリア

  • 熊本市
  • 阿蘇市
  • 阿蘇
  • 山鹿
  • 植木
  • 菊池
  • 平山
  • 玉名

熊本ツーリングの注意点

熊本地震以降、今も地震が頻繁に起こります。規模は小さいですがまだ地震の影響が残っているので、十分に警戒が必要です。また場所によっては舗装工事が完了していない場所もあります。危険な場所には近寄らないことが一番です。

6. 熊本県のツーリングに必須の装備品

壮大な阿蘇の自然を満喫することが出来るのが魅力ですが、景色を遮るものがないということは日焼け対策を万全にしておかないと大変なことになります。特に夏に計画しているのであれば、日焼け止めを塗ることはもちろんですが、サングラスなどを使って目の日焼けにも注意するようにしましょう。

7. 熊本ツーリングにおすすめのコースプラン

プラン①熊本・阿蘇おすすめツーリングコース

  1. 国道212号から県道45号(ミルクロード)に入る
  2. 大観峰(大パノラマを満喫)
  3. 阿蘇神社(パワースポットで開運祈願)
  4. 草千里(展望レストランでランチバイキングを満喫)
  5. 白川水源(絶景スポット)
  6. 地獄温泉(日帰り温泉可)

プラン②熊本日帰りツーリングコース

  1. 熊本市内から九州自動車道八代南へ(無料区間)
  2. 芦北で一般道に入り日奈久へ
  3. 金波桜(創業100年の老舗の木造旅館は有形文化財に登録されている)
  4. 岩崎水産加工本店(日奈久名物の「竹輪」の有名店)
  5. 日奈久温泉 松の湯(地元客からも人気の日帰り温泉)
  6. 桑原竹細工店(手作りの竹細工を販売している)
  7. 日奈久から熊本市内へ(終点)

プラン③熊本グルメ満喫ツーリングコース

  1. 熊本市内から杖立温泉へ
  2. 「米屋別荘(熊本県阿蘇郡小国町下城杖立4162)」で温泉名物のプリンを堪能
  3. 大観峰の「大観峰茶屋」で限定販売の「にごり酒まぼろしの酒大観峰」を買う
  4. 阿蘇山火口見学
  5. 白川水源(絶景スポット)
  6. 「草太郎庵(熊本県阿蘇郡南小国町満願寺5956)」で打ちたての蕎麦を食べる
  7. 北登山道に入り満願寺温泉へ
  8. 温泉につかりながら熊本の郷土料理(馬刺し)を食べる

8. 熊本県のツーリングで知っておきたい㊙︎ライダー情報

阿蘇のパワースポット「阿蘇神社」では、ライダーの為のお守りがあります。ヘルメットに張るタイプのお守りなのですが、結構レアなお守りなので立ち寄った際にはぜひ1つ購入してみてくださいね!

9. ツーリングお役立ち情報まとめ【熊本県編】

今回は熊本ツーリング情報をお届けしましたがいかがでしたか?定番のツーリングコースはもちろんですが、絶景・絶品グルメ・秘湯など観光としても魅力のある熊本。スケジュールに余裕があるのであれば、じっくりと回ってみるのがおすすめですよ!

関連記事

ライダーゆくよどこまでも